ガンバ大阪の『元気めし』

食べると元気がわいてくる大好きなメニューはうなぎとお餅です。小さい頃から食べていたずんだ餅は、チームメイトにも知らない人が多くて、そのおいしさを語って、みんなにお勧めすることも多いです。地元の宮城、札幌、東京、大阪と色々な地域でプレイしていますが、その土地特有のおいしいものを食べることが戦うパワーにもなっています。僕の元気の秘訣は「バランスよく残さず食べる」ことです。小さい頃からお母さんによく言われました。サッカーをもっともっとうまくなりたい、そのために食べるものが重要だと思って、高校生の時には友達同士で語りあったりもしました。おやつがめざしというのも良い思い出です。

  • 管理栄養士
    鶴田麻里子
  • 各地の食を楽しむことが、
    勝てる身体作りの基礎に
新潟でプレイしている時に出会った力士味噌は、今でもよく食べています。力士味噌とは、何種類かの味噌ににんにくや鰹節、鶏挽肉などが練り込まれたもので、特に夏場の食欲が落ちている時に、きゅうりにつけて食べています。お相撲さんみたいに力がみなぎります。実は小さい頃、食に興味がなかったのですが、新潟に住んだことをきっかけに、お米とお魚のおいしさに驚き、食に目覚めました。海外遠征に行くと、日本のお米のおいしさを実感します。今では子どもたちに「食の大切さ」を話しています。子どもたちにも一緒に田植えや野菜の収穫もしてもらうことで、その体験を通して、お米や野菜の育ち方に興味を持って食べてもらえるようになりました。

  • 栄養が凝縮された味噌。
    野菜と食べて水分補給をフォロー
小さい頃から兄弟3人でお母さんの作ったおにぎりやから揚げを競うように食べていました。今でも炊きたてのご飯が一番の元気の素です。サッカー選手として食事にはある程度気をつけていますが、気にしすぎないようにして、できる限り「素材の良いもの」を選んで食べるようにしています。遠征先でその土地ならではの、おいしいものを食べることも楽しみになっています。
目の前が海、後ろが山や畑という環境で育ったので、漁師さんや農家さんは小さい頃から身近です。今でも食べるときには、そういう方の姿が浮かんで感謝の気持ちが自然と湧き上がります。

  • "炊きたて"の特別さは、
    心身を癒し強さの源になります

ページトップへ

©GAMBA OSAKA