「みかん魚」ってなに?

みかん効果で!生臭くなく、美味しさ長持ちでおいしいうれしい

愛媛名物のみかんと養殖魚に注目してうまれた「みかん魚」。研究者や養殖業者など地元の関係者が協力して開発しました。
食べやすい味わいで人気拡大中!

   
 
 
開発のきっかけ
 
魚大国と呼ばれた日本。が、魚の消費量は年々減少中・・・。そのひとつの原因として、考えられたのが、魚の持つ独特の生臭さがあります。それを解消して魚をもっと沢山食べて欲しい!というキモチがきっかけです。
 
 
 
 
みかんの産地、地元愛媛県では毎年大量に 「みかんの皮」が破棄されます。 ずっとこれを何かに使えないかなぁと考えていました。
 
 
 
 
 
 
みかんの皮には、消臭効果のある成分が豊富にあり、食物の劣化を防ぐ、抗酸化成分も多く含まれているため、魚のおいしさが 長く保てる事がわかりました。
 
 
 
みかん魚の養殖方法は、「みかんの皮を混ぜ込んだエサを、魚にあたえ続ける。」だけ!
 
   
 

この魚が受賞したのがフード・アクション・ニッポン アワード

国産農林水産物の消費拡大に寄与する事業者・
団体等の優れた取り組みを表彰するものです。

ページトップへ